お菓子を中心にした美味いもん&海外旅行日記サイト


by KinichiM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画( 16 )

メリケンサック鑑賞

優雅な午後。
e0030488_155196.jpg


最近会社が休日出勤の振り替え期間を設定したので、忙しくても無理やり半休。
久しぶりに銀座木村屋のレストランへ。

e0030488_1584362.jpg


春の限定パスタランチ♪ハマグリがいっぱい入ってて、おだしがすごく出てて美味しい~生パスタがもちもち~優雅なひと時でした。銀座勤めの時はランチによく来てたので、久々に行きたかった!

今日は水曜日、映画館がレディースデーで1000円ぽっきりなので、「少年メリケンサック」を観に行くことに。いやあ、さすがクドカン、細かいところが大爆笑!佐藤浩市のひげについたゲロがリアルで引きましたが。でも、あの不思議なアイドルは大爆笑~ふりがきっちりできてるのがまたすごい!遠藤ミチロウ、中野茂と80年代日本パンクシーンの主役達がこっそり出てるのもおもろかった。この人たちもうメインではなくなってたけど、私が学生のころ、彼らのスタッフに何故か気に入られてたので、本人達とはそんなに縁はなかったのですが身近な存在でした。懐かしい。クドカンと同世代の人はそうとう楽しめます!!!

e0030488_210133.jpg

銀座といえば、ラデュレ♪いまだに平日の昼間なのにカフェは並ぶ必要あり。この前は購入でも並んでたから、まだましか。でも、コンフチュールも販売してるのを発見!ここのはすごくすごく美味しいのだ~パリで感動したストロベリーとオレンジを購入。うきうきだなあ♪
[PR]
by KinichiM | 2009-03-04 23:53 | 映画

SATC観てまいりました

Sex and the Cityやっと観てきました!ちょうど新作に切り替わったみたいで、新宿のとある劇場でレイトショーのみでしたが・・・。

夜ロードレーサーを駆って、新宿までやってきました。始まるまでパンフレットを見つつ、テレビシリーズを思い返したり。感想は「テレビのまんまやな」って。悪い意味じゃなくて、テレビがそれだけものすごくしっかり作られてたってこと。それぞれのキャラクターも活き活きと輝いていて、「人生っていっぱいいろんなことがあって、それが積み重なって人が出来ていく」ということが表現されてました。この作品のプロデューサーはかの有名なビバヒルシリーズの人なんだよね。さすがです。

いろんなところの感想でも書かれてたけど、シャーロットキャリーを守る態度にはホロリ。サマンサにはやっぱり爆笑させられたり、「わかる~」と思えたり。花のリングを彼からプレゼントされたけど、「自分で買いたかった」ってところは同感したり。自分が本当に欲しいものは自分も力だけで手にしたいのよね~。でもキャリーに対しては、「やっぱりこの女が一番わからん」と思った。

しかしこの映画は元々彼氏が一緒に観に行きたがってたのだが、内容わかってたのだろうか。かなり男としては滝汗な内容だと思うのだが。あいつが一番わからない・・・。
[PR]
by KinichiM | 2008-10-14 00:04 | 映画
ということで、仕事で「シャカリキ!」関係者試写会に行ってきました。

かなり前に出た作品で、ロードレーサー達にとっての「キャプテン翼」「スラムダンク」的な漫画の実写映画化です。若手演技派集団D-BOYSの三人が主役を勤め、青春映画っぽくなってました。しかしこの映画のせいで、私は年明けから衣装集めに死にそうになってましたが・・・。ロードレーサーはフォームがかっこよく決まってないとダサいので、どうなることかと思いましたが、かなりかっこよかった!合宿の成果なのか、両手離しでゴールできてたし、エアロフォームもスタイルがいいのでかっこよく決まってました。ウエア会社のPRとしては、満足のいく結果でやれやれです。内容については、ちょっと主役の存在が薄いかな・・・というのが気になった。主役のキャラが見えてこないんです。三番手の鳩村のほうが、苦悩とか人間らしさもあって光ってました。王子系のルックスなのに、さすが特撮出身なだけあって、細身でも筋肉ついてるし、けっこう男っぽくてかなりよかった!ユタ役の鈴木さんは、衣装合わせ時から筋肉ついてて男らしい体だったので、安心してましたが、結果も予想以上によかったです。やっぱり第一線の芸能人は光ってますね!

シャカリキ!9月6日(土)全国公開です。主題歌とその映像がすごくいいので、ぜひ劇場に足を運んで、エンディングの主題歌まで聞いて観て帰ってくださいね~
[PR]
by KinichiM | 2008-07-16 23:25 | 映画

たまごやき食べたい

今日のおデートは暑いので、おうちでDVD鑑賞会(笑)

京極夏彦原作の「魍魎の箱」。最初のほうはいまいち展開がわからなかったんだけど、後半なぞが解けてきてから面白くなってきた。しかしクドカン、こんなのもやってたんだ・・・。黒木さんが舞台っぽい台詞回しでおもしろかったっす。そのあと「めがね」を観た。ごはんのシーンが多くて、やたらおいしそう!「もぐもく」って感じで食べるのだ。卵焼きとしゃけとおひたしの朝ごはんが最初に出てきて、すごいおいしそう~♪観てる間中「おいしそう」を連発。ほかほかの白いご飯と黄色の卵焼き、緑のおひたしに赤の鮭がナイス!納豆があったら最高だ~。

今日は昨日のセタのワンピースをさっそく着たらお褒めのお言葉をいただいて、ルンルン♪買ったらすぐ着る!がタンスの肥やし回避の鉄則です。ああでもTOCCAやっぱり買いたい・・・。
[PR]
by KinichiM | 2008-07-06 23:13 | 映画

Go! フラガール

前からずっと観たかった「フラガール」がやっとレンタルできた。ずーっといつもレンタル中だったもんで・・・。

物語は常磐ハワイアンセンターの創設について、地元炭鉱現場で働く人たちとフラダンスにかける女の子たちの夢と涙の物語。単館系では絶対無理と言われてきた「日本アカデミー賞最優秀作品賞」にも輝いた秀作。シネカノン制作だし、これがアカデミー獲ったのはすごいと思う。
蒼井優が助演女優賞をたったけど、これって主演は松雪さんなのね・・・。

蒼井優がとにかくすばらしいの一言!フラダンスがあんなにダンサブルってのも今回初めて知ったけど、あのフラを習得した蒼井さんはすごい!とにかくかわいいのひとことにつきる。
「かあちゃんみたいな人生は送りたくない!」
って反発するところなんて、珍しくも何ともないセリフなのに、すごく真にせまっていた。
松雪さんも熱演で、早苗が炭鉱を首になって荒れた父親に暴力を振るわれたのに怒って、銭湯の男湯に服のまま乗り込んでいくところはかなり気持ちが良かった!女の子の自立もこういうパワーのある人の応援あってこそな時代だったろうし。
この映画、妹から「リトルダンサー」にそっくりだよ、と聞かされてたけど確かにそっくり。でも、「リトルダンサー」も大好きな映画だけど、この映画も
女の子のいじらしさとがんばりと輝きとかわいらしさがぎゅっとつまったステキな映画です。
Go!フラガール!
[PR]
by KinichiM | 2007-09-02 23:33 | 映画

望郷

「硫黄島からの手紙」をやっと観てきました。

ストーリーは語るまでもないと思いますが、アメリカ人のイーストウッドに本当に第二次世界大戦の日本ストーリーが描けるのか?と思ってました。評判はすこぶるよいですが、自分でみないことには・・・と。しかし、終わって思ったのが、アメリカ人が作ったとは思えないと同時に、戦争の悲劇はアメリカも日本も同じことなんだと改めて知らされた気持ちです。

嵐の二ノ宮君の演技がアカデミー賞助演男優賞候補にあがるかも?と噂されてますが、それにふさわしかったと思う。眉毛が現代風だとかいちゃもんつけられてたけど、あれは自然にしててああなのでしょう・・・全然整ってないし。井原のバロン西もすごいかっこよかった。いかにも金メダリストって感じで!加瀬亮、中村獅子童もすばらしく、イーストウッドはビデオオーディションだけでふさわしい役者をちゃんtのチョイスできてるんだなあ、と改めてその才能に感服。

最期のシーンはあまりに胸に迫って涙が流れませんでした。
たくさんの家族への思い、故郷に帰りたいと願う気持ちは今も絶えずそこにとどまっているんだと思います。現代に生きる私達は、60年以上前から遥か彼方の故郷に帰りたいと願い続けている魂が、まだ1万3千名もあることを忘れてはいけないのです。
イーストウッドがこれだけ戦争の悲しみを世界共通に描き出せているのに、アメリカはその後もベトナム戦争・湾岸戦争・イラク戦争と何度も過ちを重ね続けるのはどうしてなんだろう・・・。

いつの日にか、全ての帰郷を願う魂が故郷に帰りつけることを切に願う。
[PR]
by KinichiM | 2007-01-03 13:43 | 映画

賀正

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は両親と妹と4人で水上温泉に行ってきました。料理が美味しかった~!
但馬牛ステーキは、肉嫌いの私でも「美味しい!」と思わず絶叫。感動でした・・・
温泉は、旅館側の不手際があり、母娘で激怒。我がファミリーによるヤキ入れが年越しで行われ、つくづく「身内でよかった・・・」と思った。

それでも白銀の世界でのお正月はすこぶる気分がよろしく、たまにはこんな正月もいいなーと思った。
しかし、「ジャニーズカウントダウン」みんな見てたみたいっすね・・・。
[PR]
by KinichiM | 2007-01-01 13:39 | 映画

映画三昧

金曜から渋谷TSUTAYAがリニューアル記念にDVDを半額レンタルしてたのでいろいろ借りた。「SAW」は3が話題になってるから、1をかりたらこれがすごい!スプラッターは嫌いなんだけど、ストーリー展開が面白いので2も昨日借りた。血が多すぎるけど、展開は面白い!
特に2で剃刀の刃に手を突っ込んで抜けなくなったのが痛そうでいたそうで・・・。
この映画を作った監督はまだ27歳だそうな。どびっくり!

いまさらだけど「スーパーサイズ・ミー」。友人も言ってたけど、三食マックっていうのは非現実的だから、一食マックくらいで実験してみて欲しかった。しかし、春にロスに行った時にみたサイズの人達が山盛りだった。あの横幅はアメリカ人独特だと思う。マックってあまり食べないので、そんなにみんな食べてるんだーって感じ。
そして今日は「オープン・ウォーター」を見た。ううん…これ最後結局助かったの?旦那さんは亡くなったみたいだけど、奥さんはあの後どうなったんだろう?すげー気になる。
ズボって最期沈んだから、サメに食われちゃったのかなあ・・・。
実話が元らしいけど、実際はどうだったんだろう?ああ気になる~

サメものって「ジョーズ」が一番有名ですが、子供の頃これを観て以来、私は海の沖のほうでは泳げません・・・・。
[PR]
by KinichiM | 2006-10-29 23:42 | 映画

またまたほろり

今日は朝からむちゃくちゃ寒かったけど、イベント立会いで終日外でした。イベントは成功したけど、ああ疲れた・・・。

夜、ご飯作って掃除をして洗濯物畳んで「今、会いに行きます」の劇場版を観た。ドラマ版に比べると時間が短い分やっぱりシンプル。登場人物も無駄に悩んでないし、けっこうストレート。どっちがいいかと言われると、成宮のほうがたっくんらしい繊細さがあるけど、竹内結子の方がシンが強くて情熱的な分、人物の感情がストレートにつわたってきてグッド!テレビ版は主人公がたっくんで、劇場版はミオだったのかな。
あらすじをしってても胸が締め付けられるのは、やっぱり幼い自分の子供と愛する人を置いて逝くことがどれだけつらいかがわかる歳になってきたからかな・・・と思う。今の私は母が幼い頃に病気で亡くなった祖母の年齢を超えてしまったけど、この若さで幼い子供二人を残して死んでしまった祖母。もっと生きて子供達の成長を見たかっただろうなあ。
それでも、ミオは死ぬ運命とわかっていてもゆうじをこの世に迎えましょうとたっくんに会いに行った。本当に、生きると言うことは死なないことではなくて、自分の人生をどれだけ刻むかということなんだろうな。
[PR]
by KinichiM | 2006-04-16 23:20 | 映画
e0030488_21295031.jpg帰省している間「チャーリーとチョコレート工場」を観た。DVDが3000円台とお安い値段で発売されてるらしい。
昔は映画のビデオとかって一万円くらいしたのになー。

ストーリーは今更だけど、貧しいチャーリーは年に一度誕生日にチョコレートを買ってもらうことを楽しみにしていた。彼の住む町には、チョコレート会社のウォンカの工場があって、そこはもう何年も人の出入りがなく謎に包まれていた。そこへいきなりウォンカが自社のチョコレートに世界で5枚だけゴールデン・チケットを封入し、あたった人は秘密の工場の中に案内してもらえるというみょーなキャンペーンを展開。世界中から個性的なガキンチョが集りチャーリーの不思議な工場の中を探検する。そこで彼らを待っていたのは、世にもシュールなウォンカ特性お茶の間劇場だった・・・。
妹が以前映画公開時に観て、奴のHPのレポートを読んでめちゃくちゃ観たかったのだが、レポート通りの滅茶苦茶さ・・・。冒頭の工場オープンの人形劇から普通の善良なお子様はドン引き確実。そして異様に白いジョニーデップ扮するウォンカ・・・。髪型が変だがうちの妹もああいう髪型だった。そうかあいつはウォンカを意識してたのか。
この映画で一番おかしいのは、チョコレート工場の中で働くウンバ・ルンバ!めちゃくちゃおかしい~!1人の人が演じてるのをCGで群集にしてるのがまた笑いが止まらん!さらに毎回ガキンチョを懲らしめる時の唄と踊りがたまらんですばい!なんでアカデミー賞助演男優賞じゃないんだ!ってくらいおかしい。ティム・バートン監督の毒が随所にちりばめられていて、細かい突込みが大好きな関西人の私らのハートをわしづかみ!

しかし、この超シュールな映画が大ヒットして、うちの5歳になる姪っ子達が「ウォンカ観たい~」とトリコになるこの世の中・・・何かが狂っている。
[PR]
by KinichiM | 2006-02-20 21:29 | 映画