お菓子を中心にした美味いもん&海外旅行日記サイト


by KinichiM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ユーロ旅行記⑤アマデウスは踊る~ザルツブルグ編~


e0030488_1365660.jpgドイツ入国二日目。8時23分発の列車でザルツブルグに行くため早起き。朝食は、アップルの旅行記にかかれてあったとおり、種類も豊富で美味しい。少ないという意見も多かったけど、1万円以上のホテルに比べたらフルーツも少ないけど朝ごはんとしてはもう充分な量と種類。前のホテルよりもパンが豪華で美味しかったし。クロワッサンがドイツ風でなくてパリ風のバターたっぷりのサクサク生地で満足。コーヒーも美味しいし、気分よくホテルを出る。


e0030488_1373297.jpgミュンヘン中央駅がすぐそばなのでとっても便利。列車に行って席に。ヨー-ロッパの電車って、向こうのサイズだから日本人にとっては大きくて快適♪しかし1等と2等をがあるのをうっかりしていて後ほど2等車に移動。その車掌さん耳&唇&眉にピアスいっぱいだった・・・しかし2等もほとんど変わらずで快適♪まあ平日の朝にザルツブルグまでいく人そんなにいないんでしょう。ミュンヘンは晴れてたけど、ゼルツブルグまでの1時間半は山間部をとおるので曇りが多くてハラハラどきどきしっぱなしであった。途中にたくさんの牧場があって、牛や羊が放牧されていてとってもメルヘン♪


e0030488_1382256.jpg ザルツブルグに着くと快晴!でやっぱり自分は晴れオンナと実感。まずはいつも自分が見てるウィーン在住のK&Kさんのブログにあったケーキ屋で腹ごしらえをしようと探索。しかし・・・いつまでたってもつかない。で、店の人とかに聞いてもイマイチ。しかも住宅地だし・・・・で、駅まで戻ってタクることに。そうやら駅の反対方向にでてたことが判明。ちくしょー!時間損した!で、最初の腹ごしらえはモーツアルト広場のフュルストにする。


e0030488_140562.jpg今回はモーツアルトを巡る街めぐりにしようと思って、まずはそこからスタート。モーツアルト像のまわりは修理中で外観はイマイチ。奥のケーキ屋フュルストに入る。もう入り口からお菓子がテンコ盛で幸せ!って感じ。やっぱりザッハートルテのようなチョコレート系が多い。後、イチゴ系も多し。ここはザルツブルグでも観光客向けに人気なので、ケーキのバリエーションも多い。すごく目移りしたけど、イチゴのトルテとプチショコラシューとコーヒーをオーダー。
ウィーン式で、コーヒーには水がつく。お味は上々♪チョコレートスポンジの上にカスタードが乗って、その上にイチゴをのせて最後ゼリーで固めたケーキがドイツには多い。まさにそれなんだけど、ゼリーが乗っている分湿り気があって美味しい。ゼリーもキルシュのゼリーだし。プチシューは中がホイップクリ-ムであった。ふー満足。まず最初の疲れを取る。
e0030488_1413673.jpg


e0030488_1423160.jpgその後は大聖堂!ヨーロッパの教会は色々行ったけど、やっぱりウィーンとかベルギーとか東欧のものが好み!ここもバロック形式でちょっとどろどろ(笑)東欧のって天使も悪魔も鬼も立体的なのよね。壁面でも。それが好きなんだけど♪後、白と金なのよね。以前ベルギーの蚤の市でマリア像を買ったけど、これも白・金が貴重でかわいいのだ。ここもバロック形式でおどろおどろしていてキモくて素敵だったわ~そして大聖堂は天井がステンドガラスドームで壮麗さにめまいがしそう・・・。
e0030488_1431521.jpg
e0030488_1462759.jpg散々写真をとった後、そばのザンクトペーター教会に行ってその後ロープウェーでホーエンザルツブルグ城へ!ロープウェーからザルツブルグが一望できてキモチいいナリ。城に着くと、ポルトガルのサン・ジョルジュ城同様に城壁からザルツブルグの街が見渡せましたぁ!しかしザルツブルグも上から見るとけっこう近代化してて真下の観光地以外はそんなに異国情緒もない・・・。このお城は本当に戦うためのお城なのでちょっとつまんない。中も兵器やら兵隊やらの展示物でそんなに見て面白いものはなし。時々控えの間っぽいところの壁とかがかわいかったけど・・・




e0030488_283094.jpg
e0030488_1484651.jpg


e0030488_1522673.jpgその後下に下りてモーツアルトの生家へ行く。ここは建物自体がかわいい!壁が卵色なのだ~黄色に城と紺と金で、外観がかわいい!しかし中は入場料の割にあまり見るものもなくあっという間に終わる。

e0030488_153264.jpgその後モーツアルトの住居に行く。ここは生家と違って、モーツアルト好きな人が堪能できそうな内容になっていた。子供の頃のピアノやそれにまつわるエピソード、楽曲などを日本語ガイダンス付で廻る。しかしここで彼の父親への手紙とかを見てると、彼がいかに名画「アマデウス」の彼だったのかが伝わってくる。モーツアルトと彼をねたみ陥れた宮廷音楽家を主役にした映画「アマデウス」。アカデミー賞受賞作なのでけっこう知ってる人多いと思いますが、彼は本当にあのまんまみたいです。でも、天才となんとかは紙一重といいますが、後世にあれだけの名を残した音楽家の軌跡をちゃんと感じることができました。そして三位一体教会へ。ここもきれいだったけど、内側まで何故か入れなかった。一応見るには見れたけど。うーん。


e0030488_1541276.jpgその後はついにFNGEROUSへ!・・・見つからないはずです、思ってたよりスノッブで、ザルツブルグでは他に無い感じ。アップルシュトローデルとクロワッサン・ダマンドを食す。美味い!そして他のケーキも持ち帰り様にいくつか買う。したら、隣の席のカップルのところに何か巨大オムレツがやってきて、フライパン一杯のそれを二人で分けて食べてるの!どうやらオーストリアの伝統菓子らしい。巨大なカスタードクリームオムレツといった感じ。どんな味だったのかなあ?


e0030488_1535027.jpgその後はミラベル宮殿に行って、しかし日が暮れて中には入れずミュンヘンに戻る前に夕食を食べに行く。ガイドに乗っていたシュテルンブルイでオーストリア伝統料理「グラーシェ」と地ビール、パンケーキスープをオーダー。地ビール美味!やっぱり東欧はビールの国だぁ!スープはうすーいパンケーキの細切りが入ったコンソメ。エシャロットがネギっぽくてなんか澄まし汁のよう。パプリカをベースにしたビーフシチューグラーシェも、濃厚で美味。パプリカって日本ではあまり食べられないけど、自分の好きな味だから食が進むススム♪
e0030488_1544950.jpg


満腹になり駅へ。あー疲れた。そしてケーキは・・・日本のように箱には入れてくれないのでぐちゃぐちゃになり始めている・・・。なので電車を待つ間食す。フォークもないのでかぶりつくが、やっぱり果物のムース系もすっごい美味しい!!感動!焼き菓子とチョコケーキはホテルに帰ってからのお楽しみにとっておく。帰りも広広としてたので、横になってオネム。いやー楽しい旅立った。しかしケーキ食べ過ぎ・・・
[PR]
by KinichiM | 2005-11-02 23:06 | 旅行