お菓子を中心にした美味いもん&海外旅行日記サイト


by KinichiM
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ユーロ旅行記その③土産もんに美味いもんあり編

さてポルトガル三日目です。この日からサマータイムが終わったことに気付かず、今日一緒に観光するさえこを「まだ起きてね-のか」と起こし顰蹙を買う。でも~ちょうど約束の時間だったじゃ~ん。Mるの仕事関係者の金子さんと、さえこと私の三人でいざ出発!

e0030488_0371548.jpgまずはヴァスコ・ダ・ガマの眠るジェロニモス修道院へ!路面電車に揺られて行きました。世界遺産にも指定されていて、概観も壮麗で美しい~!15世紀、ポルトガルがスペインに先駆けて大航海時代を築いた痕跡を佇まいの中に見ることができます。しかし雨だったので、びちょびちょ・・・。ジェロニモス修道院は思ったよりもあっという間に見終わった。礼拝堂は本当に美しかった!レースのように繊細に彫り作られた外観が潮の影響でちょっと黒ずんでるのがまた良し。


e0030488_037443.jpg見終わった後、近くの有名なエッグタルト「バスティス・デ・ベレン」に行く。修道院の中でY子の元上司、ジョーに会って「すごい美味しい!」と薦められたので行ってみた。写真がそのタルトだけど、本当にすごく美味しい。甘くなくて、とは言ってたが、ほんとにさっぱりとしていて後を引かない濃密さ。結局おかわりして2個ぺろりと3人ともいっちゃいました。まさに名物に美味いものあり!店内は広くて入り口からだと込んで見えるけど、奥の方まで部屋とテーブルがたくさんあるので全然大丈夫だった。ここでY子の元ルームシェアメイトのまりちゃんと合流。




e0030488_04145.jpg次は司馬遼太郎も大絶賛したというベレンの塔。テージョ川の河口付近に16世紀初当につくられた、石造りの四角い塔。元は出入りの船を監視する要塞であり、同時に、大航海時代の航海者たちが無事帰港したことを確認する歓喜の目印でもあったらしい。「テージョ川の公女」と言われるだけあって概観は優美なんだけど1階には満潮時に水にひたされる牢獄があり、2階は砲台になっていた。
 美しいけど、海へ旅立つ男達を見送り、そしてまた迎え、大きな喜びと悲しみを共に表す姿は、その前に行った発見のモニュメント同様スペイン艦隊よりも先に海を制したポルトガル王国の
誇りが「海」通してあることを見ることができる。(発見のモニュメントは1960年にできたので、当時のものではないですが)


e0030488_042831.jpg午後はご飯も兼ねて、コロンボ・ショッピングセンターへ!年中無休というこの巨大モール、結構使えました。入って早々のお店に人だかりができててみたらお菓子屋さん。写真のお菓子を買いましたが、すっごく美味しかったです。ポルトガルは総じて卵を使ったお菓子が多く、これもカスタード系。でもほんとすっごく美味しかった~込んでて名前が確認できなかったのが残念。(写真も後から手を伸ばして撮ったのだ)。
バルサミコとかボルシチーニの食材店でも、フルーツバルサミコ4本とオリジナルバルサミコ、ドライトマトとハーブのミックス、ドライボルシチーニを購入。試食したらどれも美味しいし、バルサミコは前から欲しかったやつなんだも~ん!サラダ色々つくろうっと♪ここではストッキングの専門店でも珍しい柄ソックスとかニーソックスを購入。だって日本なら3千円以上しそうなのが1500円前後なのよ?すっごく気に入った奴の自分サイズがなくてがっくり。絶対街で探してやる!と意気込みホテルに戻る。


e0030488_0433833.jpgホテルで午前中に会ったジョー夫婦にロビーで再会。夕飯をともに行こうという事に。本当はワインテスティングに行きたかったけど、日曜日なのでお休みしていて行けず。ガイドにあったお店「カーザ・ド・アレンテジャーナ」へレッツゴー!!外観もアジア入っていて不思議なお屋敷レストラン。待たされた挙句「閉店時間」だといわれ、文句を言ったら入れてもらえた。そういういいかげんさはいいよねー♪しかし話しをつけに行ったジョーは頼もしかった!ヒューヒュー♪奥様のスーザンは見ていたのか寝てたのか・・・。この食事の時、日本のエンゲージリングと海外の選び方に違いがあって新鮮に。日本はプロポーズの後カップルで探しに行くけど、外国は指輪を選んで渡すことがプロポーズに含まれてるから、後で買いに行くなんて信じられないそうな。確かにラブはこっちの方が強い気がする。

e0030488_0441720.jpgみんなは豚肉とポテトを揚げたのを頼んでいて、肉が好きでない私は白身魚のベーコン巻きの串焼き。どっちも美味しかった♪しかしポルトガルは魚介が中心だからか日本の味覚とそう離れていなくて抵抗が無い。魚のだしばかりなので、あっさりとイケる。でも、頼んだ魚のスープはさえこ以外手をつけず・・・。何というかたとえようのない味で、ちょっとなめた瞬間に次の人にお皿をまわしました・・・。そしてパンはここも美味しくない・・・。デザートのチョコレートムースが無くてここでも「街で食べてやる!」モードに。
 
 その後、もう12時だったので一同ホテルに戻ることに。明日はまりちゃん以外は帰っちゃうのでちょっと寂しい・・・。
[PR]
by KinichiM | 2005-10-30 23:33 | 旅行