お菓子を中心にした美味いもん&海外旅行日記サイト


by KinichiM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ユーロ旅行記その②Y子&Mル結婚おめでとうパーティー編

e0030488_0275399.jpgさて本番当日。朝7時半に起きて、近くのグルベキアン美術館へ。徒歩15分かからずで近い!しかし、どうやらドイツと時差があり、まだ開館一時間前とのこと。じゃあ後一時間寝れたのか私・・・損した気分だ。仕方ないので街を散策。まだ何処も開いてないのでほんとに散歩だけ。でもポルトガルの建物ってかわいいね♪後に行ったドイツに比べると明るくてかわいい!

e0030488_026368.jpgそして美術館へ戻って入館。イスタンブールの石油王が死後ポルトガルに寄付したコレクションらしいのだけど「なんでこんなんもってたん?」と絶叫するほどすごいコレクションだった。ルーベンス、レンブラントは他を圧倒する輝きを持っていて、しばしたたずんでしまいました。流石にルーブルのような大作はないけど、プライベートな試作とかもあって、なかなか小規模ながらまとまっていてよかった。モネとかルノワールもあったけど、私の好きなドガがけっこうあって嬉しかった。後、アールヌーボーの芸術家ルネ・ラリックの作品集小部屋が出口付近にあってこれがもうほんっとに良かった!!三回戻っちゃったもん!美しい・・・アールヌーボー大好きなので、もう何回でも見たい。

その後ホテルに戻って髪を巻いてお支度。VIKTOR&ROLFのワンピースにDolce&Gabbanaの真珠ネックレス、ケイタマルヤマのパーティーシューズにマルティーヌ・シットボンのバラバッグ。しかしロビーに集合した面子を見て「私地味・・・」と思ってしまった。海外ウエディングは華やかやねー。Y子は外人さんとルームシェアしていたので、そのつながりの人達がたくさんきていた。イギリスからはアラン&よーこちゃんカップルとみほちゃん親子、アメリカからはボストンからさおり親子、サンディエゴからさえこ、オレゴンからはなつみさん夫婦、ハワイからの彼をつれたリナちゃん、関西から、のこちゃん、あっこちゃん、東京は元上司のジョー夫婦と同窓会状態!Y子を通して話を聞いてるのでなんか初対面と思えなかったり、一年以上会ってないのにブランクを感じなかったりで、やっぱり友達っていいな、と思った!さおりは元々芸能人だったので、2人出産しててもきれい!年上だけど若々しくて美しい!モデル体系を維持してるし。ミホちゃんもかわいいままで、子連れゲストは美しいハーフの子も併せて大人気だった。しかしアラン・・・彼は中国系イギリス人なんですが、タッキーに似た美青年だったのに、イギリスに帰ってからすっかり太ってみる影もない・・・。かなぴい。

e0030488_0362670.jpg式場は結婚式とパーティーができるようになってて、日本でも最近よくあるタイプ。古いのでそれらしくはあったけど。結婚式は人前式で、こういうの初めてでドキドキ。ただ、Y子が事前に聞いてなかったらしく、誓いの言葉の時、「誓いますか?」といわれて「はあ?」と答えたのには一同大爆笑!ほんとによくわからなかったらしく、「もっとゆっくり話してください」とお願いして再開。指輪の交換もして誓いのキスもして幸せムード満載に。しかし普段からこのひと達人前でキスするから、いまいち新鮮味が・・・。それでもやっぱりウエディングベールに飾られたY子はいつもハッピーオーラを出してる子なんだけど、うるうる&ハッピーなオーラを放っていた。日本みたいに形式ばってなくて、本当にお祝いムードで参列してるこっちも幸せ気分になる。

e0030488_174036.jpgその後、日本で言う、いわゆる披露宴。ガーデンパーティーだったけど、雨が降ってたので巨大テントに。夫婦の両隣は彼らの兄弟が座ってて、両親は別の最前列テーブル。私はここだったので、式がよく見えました。彼女のお父さんにはじつは小学校以来会ったことがなく、(というか会わせてもらえず)どんなお父さんかと思ったらとっても楽しんでいた・・・。もともと外国航路の船長さんだったので、こういうパーティーは慣れてたんだろうなあ。しかし、「わしはもう今日3回泣いた!」とか「きれいやなあ」を連発していたので、やっぱり遠くに娘を出すのは寂しいのかな。



e0030488_181640.jpgドレスでなく、着物でケーキカット。古めかしい柄ですっごくかわいかった!振袖はやっぱりきれいだねー。サプライズとして彼女のベリーダンスがあったが、花嫁がブラと腰みの(ベールだけど)で胸と腰をふって踊るわけよ?やんねーだろ普通!と思うのだけど、本人のあっけらかんとしたキャラと見事な踊りぶりでなかなかよかった。スタイル抜群なので、男どもはいい目の保養だったろう。そして彼女のお父上は・・・ぐうぐう寝てました(笑)。暗くなったからオネムの時間だと体が働いたのだろう。




e0030488_191129.jpgウエディングブーケは私がゲットいたしました。一回目取った人が実は既婚だったのでやり直し、二回目は私が取ったけど転んで落としたので無効に。三回目も私(Y子が同じところにしか落とさないのだ・・・)だったのだが、花の部分をギリシャ人が握って奪い合いに。「手を離せ!」とか言われたが、話さず粘ってたら何かいって話してくれた。何を言ったのか聞いたら「あなたがまだ一度も結婚してなければ譲ってあげるわ」だそうな・・・。畜生・・・哀れまれた・・・。
最後はジャパニーズガール一同で「赤いスイートピー」を合唱。後で聞いたのだが、まりちゃんは「瀬戸の花嫁」を歌おうといったら「知らない」と言われたらしい。うーむ、みんな同年代なんだけどなー。関東人にはあまりなじんでないのかな?

ダンスやら歌やらで宴の終わりは深夜に。それでも朝まで続くことが多い海外ウエディングにしては、ほとんどの人が帰ったのはひとえに皆来るまでにつかれたからだろう。帰りはまた悪徳タクシー運転手にあい、喧嘩になりそうに。私交渉だと英語強いんですの(笑)おほほほ。発車前に降りて、別のタクシーに。そのタクシーは良心的で普通のお値段に。いやーすごい一日だったけど、Y子&Mる結婚おめでとう!!!
[PR]
by KinichiM | 2005-10-29 23:37 | 旅行